株主のみなさまへ



こんにちは!(こんばんは!)
関本です。


今回の株主総会は、
コロナの影響もあり、誰も来て下さらないかも
しれない…と思っておりましたが、
いらしてくださった株主様がいらっしゃって
心から嬉しく思いました!

おかげ様にて、無事に株主総会を終えることができました。

会場にいらしてくださった株主様、
いらっしゃれなかったけど応援してくださっていた株主様、
みなさま、ありがとうございました。



株主総会もネットで参加できたらよいのですが、
今までネット会議をして来た経験上、
通信環境に依存しているため、
途中で途切れたり、様々なアクシデントを体験しました。


そういった状況での株主総会になってしまうため
ネットで開催できないことになりましたが、

遠方の株主様や、熱心に応援してくださる株主様にも
弊社が取り組んでいることや、行ってきたこと
なぜ今これをするのか、どうして違う判断ではないのか
など、様々な困難を乗り越えた末の経営判断についてなど、

現社長は、株主様に真摯にお伝えしたい!という、
海外の元社長とは全く違い、
株主様を大切に想う生粋の日本人です。



そこで「サハクラブ」というコミュニティーを創り、
株主様と共創で会社を蘇らせることができたら
という想いで、日々、経営を行っているのが、
現在の社長です。



今回の株主総会でも、


・アルロサと契約したのがなぜバージンダイヤモンドなのか
・研磨工場は、なぜバージンダイヤモンドの子会社なのか
・なぜ昨年、足しげくロシアに行き和解したのか
・海外では21億円をも調達して作ろうとしている産地迄遡れるシステム。
 バージンで複数社見積もりしたが2~3億円以上…
 もはや導入は無理かと思いきや、
 他社と組むことで資金を枯渇させることなく実装できた経緯


※詳細につきましては、サハクラブの方々にお知らせいたします。
(サハクラブとは、サハダイヤモンド株主様がご参加いただけます)
 


などなど、経営判断の方向性が、
自分たちの利益を守るためではなく、
株主様に向けられているという点が、
以前とは大きな違いだと肌で感じております。



思い起こせば
2017年の秋
サハダイヤモンドは、極寒の地サハのごとく、

・営業するスタッフもいなければ

・原石からの仕入れの道は断たれ

・トレーサビリティーの「と」の字もない

・売る仕組みも無い

・売り先も失い

・あと一歩でネット各店も閉鎖直前




このような状態から


日本だけではなく、世界に先駆けた

トレーサビリティーのとれた
【産地直結】原石から
天然ダイヤモンドを取り扱う会社



にまで復活させたわけですから~



応援してくださっている株主様と
交流するとワクワクします!!



ドラマにも出てこないような
本社ビル物語の体験から一変して、

鳥越神社の聖地に移転して
シナリオライターが変わったのか?


様々な関係が平穏無事に展開しております。



さて次はどんな展開になるでしょうか?


乞うご期待!!



ホント、
ドキュメンタリー番組になっても
嘘だ~と言いたくなるくらい、
ドラマチックな3年間でした^^



世の中が、
分離の時代から
統合の時代に入り
それを直に体験した!


そんな3年間でした~


最後までお読みいただき
ありがとうございました!



これから、
サハクラブの文章を書き始めます~