株式会社サハダイヤモンド/株式会社バージンダイヤモンド

株式会社サハダイヤモンド&株式会社バージンダイヤモンドに関連する情報をお届けするブログです。



こんにちは!(こんばんは!)
バージンダイヤモンドの関本です。 


木曜、金曜、土曜と、
仕事が山積みになっていて、
ようやくブログに手が回るゆとりが出ました。


かねてから不安に思っていた初の試み
GIA東京での産地証明取得のための一連の流れも
いよいよ終盤にさしかかりました!


11/14(木)経済産業省から
輸出承認が無事おりました。


キンバリープロセスが整ったので、
ようやく明日、
ダイヤモンド原石輸出手続きにかかります!!


いや~長かった!


木曜日に輸出承認が下りても、
梱包の方法を税関、経産省、GIAと確認し合い、
書類のチェックを各署にお願いするなど、
とにかく時間がかかりました。


この11ct up の原石をロシア自社研磨工場で
ポリッシュ(研磨)したのち、
1月の展示会でお披露目できます!!





↓経産省の帰りに綺麗なイルミネーションに癒されました~
IMG_7706






こんにちは!(こんばんは!)
バージンダイヤモンドの関本(148㎝ 21.5cm)です。

※最近、お会いした際、私のあまりの小ささに
 驚かれる方がいらっしゃるので、
 サイズを記載してみました(*´▽`*)



今朝の東京は、
霧がすごくて、先が見えず
ちょっと不安になりましたね~


でもその後は晴れました!


まるで、今、
私が体験していることのような気がしました…




今までは、

アルロサから購入したダイヤモンドは、
原石で輸入せず、

自社研磨工場でポリッシュしてから
研磨後のダイヤ(ルース)を
輸入していました。


だから、
何一つ問題なく、
スムーズに輸入できていました。



ところが 



GIA(日本)が、
2019年3月28日のプレスリリースで
発表した通り、

ダイヤモンド原産国レポートを発行する
GIA Diamond Origin Reportサービスを開始
https://www.gia.edu/gia-news-press/gia-introduces-new-diamond-country-of-origin-reports

ということなので、



今月入荷した原石は、
GIAの産地証明を取得しようとしたら…



GIA(日本)で産地証明を取得する初めてのケース

日本でキンバリーを取得する初めてのケース



初めてだらけで


スムーズに進行できない…のです



すったもんだしながら、
怒涛の2週間が終わり


ようやく、
GIAの検査は終了しそうですが、


キンバリーの取得までは、
まだまだ 山あり谷あり…




ただ、
私から誠心誠意、
ご協力を懇願して、



GIAさんも
経済産業省さんも



親身になってくださったので、
心から感謝しています!



さてさて、
これからどうなるのか…



来年1月のIJT出店に向けた準備は、
このように
山あり谷ありながらも
着々と進んでおります!!!



そういえば、
パシフィコ横浜宝飾展2億円ダイヤモンドルース強盗
というニュースがありましたね。



弊社は、ここに出店検討をしていましたが、
準備が間に合わないので、
取りやめた展示会でした。



他人事ではないので、
そのようなことが起こらないように、
万全を期して、
準備を進めたいと思います!



最後までお読みいただき、
ありがとうございました<m(__)m>



寒くなってまいりましたので、
体調など崩されませんように!



それではまた(^^)/
本日はこれにて、失礼いたします。











































株主のみなさま

こんにちは!
こんばんは!


バージンダイヤモンドの関本です。


先週お約束した通り、


エシカルなダイヤモンド
SDGS(国連の持続可能な開発目標)
に関わるダイヤモンド会社としての
バージンダイヤモンドについて、
書かせていただきます!


最近、私どもが出店している楽天市場
でも、
SDGsな背景を持つ商品を
推し進めるように変わってきました。


持続可能な開発目標(SDGs)とは
2015年9月の国連サミットで採択された
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」
にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・
169のターゲットから構成され、
地球上の誰一人として
取り残さないことを誓っています。


私は、これについて知ったとき、
嬉しくなりました。


ロシア現地研磨工場にいる
GIA鑑定士GG資格を持つ60代職人の
技術を絶やさないようにすることや

ロシア現地スタッフ育成への貢献など、
新社長の元、様々な取り組みが、
持続可能な世界を実現するためのことと
重なっていたからです。


また、


弊社の扱うダイヤモンドは、
エシカル(倫理的)なモノ
であることを証明できる
仕組みを持っています。

アルロサが付番したナンバーを

ダイヤモンドのガードル部分に
レーザー刻印し、
トレーサビリティ(生産履歴)を
厳密に管理しています。


トレーサビリティの厳密な管理は、
研磨・加工を一貫して
バージンダイヤモンドの
ロシア研磨工場で行っている
からできることです。



もう少し具体的にお伝え
出来るようになるまで、
あと少しかかりそうですが、



時流に乗った運営になり、
ますます、
バージンダイヤモンドで働く熱意が
高まってまいりました!



パッションあふれてます(^^)/
もう、こぼれてます~


女子会などで話していても、
仕事が楽しいって、
そうあることではないようなので、
嬉しく思います!




来週は、一週間、
またGIAで学んできます~


だから連休は仕事(*´▽`*)
おもしろい毎日です!!!





















































↑このページのトップヘ